ファミキャン初心者におすすめ!DODわがやのシュラフ5年目のレビュー

キャンプ用品

どうも!おーたんです♪(Instagram

 

「これからファミキャンに挑戦するぞ!」

という人にとって、割と大きな問題として立ちはだかるのがシュラフの確保。

価格もピンキリとはいえ、人数分を用意するとなるとそれなりの負担になります。

ふつうはね。

 

我が家の場合、家族5人でキャンプをしても、使うシュラフは1つだけ。

その名も「DOD わがやのシュラフ」

コスパが良いだけじゃなくて、子どもがいるファミリーキャンプだと安心できる一面も。

 

というわけで、今回はファミキャン初心者におすすめな「わがやのシュラフ」についてレビューしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

わがやのシュラフとは?

「わがやのシュラフ」はDODの販売する特大サイズの寝袋。

そのサイズは縦200cm×横幅230cm(!)

横向きにだって寝られる。

2枚のシュラフを重ねてジッパーで止めたような構造をしており、実はこのジッパー部で分割して2組に分けて使用することも可能。

分割状態でも大人1人+子ども1人なら一緒に寝られちゃう。

 

収納サイズは直径36cm×60cm。

重量は約4.8kg。

収納時もかなりのビッグサイズだけど、クッション性が高いので意外と積載性は悪くなく、肩にかけて持ち運べるので重さも気にならない。

1人用シュラフを3個も4個も運ぶより圧倒的にラク。

 

生地は外側が耐水性のあるポリエステルで、結露対策もばっちり。

内側はコットン100%で、フカフカと普通のお布団の感覚に近い。

ちなみに分割して洗濯機で洗うことも可能。

 

推奨使用温度は5℃~。

3シーズン用のシュラフということもあり、雪が降るようなキャンプでは物足りないスペック。

だけど、大きい分 毛布などを詰め込めるので、我が家は冬キャンプでも普通に使っている(笑

 

とにかく規格外なビッグサイズの「わがやのシュラフ」。

我が家も初心者の頃から使い続けてかれこれ5年。

「買って良かったキャンプギア」の上位に君臨するおすすめアイテムだったりする。

 

スポンサーリンク

わがやのシュラフ、ここだけ注意!

そんなわけで、実際に使って感じたメリットとデメリットについて、簡単にまとめてみたいと思う。

先にデメリットというか、注意しておきたいポイントから。

さすがに2017年の購入からフルシーズン何年間も使っていると、気になる点も出てくるわけで・・・。

これから買おうと思っている人も要チェックです。

 

1.余ったスペースをどうする問題

特大サイズのわがやのシュラフ。

もともと4人家族用に設計されているだけあって、1人や2人など人数が少なすぎると持て余してしまうことも。

特に気をつけたいのが寒い季節。

スペースが余れば余るほど、温まりにくさを感じることがあるのだ。

寝相が悪い子がいると、頻繁に隙間から冷気が入り込むことも(笑

 

とはいえ、一応半分に分割したり、スペースが余ることを逆手に取って、中に毛布を入れるなどして対策することは可能。

そんな感じで工夫次第でどうにかなるけど、特に寒い季節のキャンプでは注意しておきたい。

 

2.夜中にトイレに行くと入るのが大変

別にトイレに限ったことではないんだけど、わがやのシュラフには出入りの際に寝ている人を起こしてしまうリスクがある。

そのくらいなら家族だしまだ良いんだけど、トイレから戻ると「入るスペースないじゃん!」ってこともよくある(笑

 

これについては長年使ってきても特に対策は見つかっていない。

スペースがなければこじ開ける。これでケンカしない家族だけが使用を許されるのだ。

あたり前だけど、「1人じゃないと熟睡できない、疲れが取れない」という人には向いていない。

 

3.積載も収納もある程度まとまったスペースが必要

積載や収納の際は、大きな一塊よりも3つか4つに分かれた方が扱いやすいというシーンもあり得る。

特に家の中に置くと存在感が強すぎると感じる人もいるかも。

例えば1人用のシュラフなら家のベッドの下に収納できるけど、わがやのシュラフだと難しい、といった具合。

特にキャンプを始めたばかりの頃はどんどん増えるキャンプギアに想定以上に収納スペースを圧迫されがちなので、ここはしっかり検討しておきたい。

 

スポンサーリンク

わがやのシュラフのメリット

そんなこんなで注意点を挙げてみたけど、やっぱりそれを上回るメリットが大きすぎて。

5年も使い続けるには理由があるわけです。

 

1.コスパが良い

まずは何と言ってもコスパの高さ。

参考価格は10,220円(税込)で、たまにAmazonで9,000円を切ってることがあるので要チェック。

 

対して1人用シュラフは、同等スペック(5℃~)のもので4,000円程度はみておきたい。

つまり、3人家族ならわがやのシュラフを選べばそれだけで2,000円も浮く計算。

4人家族なら6,000円も浮いてしまうのだ。

 

しかも我が家は2017年の購入からずーっと「わがやのシュラフ」一本。

めちゃくちゃコスパ高い。

 

2.片付けや積載がラク

特筆すべき2つ目のメリットは、片付けが簡単だということ。

人数分の寝袋を一つ一つ丸めて片づけるのは結構大変。

その点、わがやのシュラフなら丸める回数は一回で済むし、収納袋が寝袋本体に縫い付けられていて作業性も良い。

収納袋に押し込むのは普通のシュラフよりラクなくらいで、1個分以下の労力で人数分の作業が可能なのだ。ラクすぎる。

当然かなりの時短になるので、特に設営撤収に不慣れな初心者キャンパーにとってはかなり大きなメリットとなるはず。

 

また先ほどデメリットでも触れたとおり、収納時はある程度まとまったスペースが必要にはなるけど、積載性に関してはそれほど悪くないのも好印象。

というのも、押せば押した分だけコンパクトになり、かつ1人用シュラフより形状の自由度が高いから(1人用シュラフは収納時の”まとまり感”が強く、あまり変形してくれない)。

わかりやすく言えば「無理やり押し込みやすい」笑

家での収納で潰しっぱなしにするのは気が引けるけど、車へ積んでいる間くらいなら妥協できる。

 

3.小さい子どもと添い寝で安心、温かい

キャンプ場の夜は冷える。

特に春や秋は昼夜の寒暖差が激しいので油断禁物。

そんな環境で子どもと別々のシュラフで寝るのはなかなか心配だよね。

というか、そもそも小さい子供用のシュラフなんてそんなに選択肢がありません。。。

 

この点、わがやのシュラフなら子どもを抱えたまま寝ることができるので万事解決!

添い寝が必要な子どもも一緒にキャンプが楽しめちゃう。

 

おまけに子どもの体温で別々に寝るより暖かい。

我が家では同じシュラフに入った子どものことを「動く湯たんぽ」と呼んでいます(笑

子どもからも1人で寝るより心細くないと高評価♪

 

4.いざとなったら分割して使える

先述の通り分割して使うこともできるので、「ゆくゆくはソロキャンプにも挑戦したい」なんて考えているお父さんお母さんでも安心して選べるのでは。

我が家も娘1人と父子キャンプをした際に分割で使用した実績あり。

いずれ「お父さんと一緒はイヤ」と言われても対応可能・・・笑

 

スポンサーリンク

まとめ│わがやのシュラフはこんな人におすすめ!

ウチが我が家のシュラフを選んだ理由は、ずばり安上がりだと思ったから。

加えて小さい子どもと一緒に寝やすいという点も刺さったポイント。

片付けが簡単と気がついたのは買ってから。

積載も収納も1/4の労力で済むし、たぶんこれからもずっと使い続けることになると思う。

 

そんなわけで、これからファミキャンを始める人にはめちゃくちゃおすすめのシュラフです。

「続けるかわからないから最初は低予算で道具を揃えたい」という人にもおすすめできるし、そんな人がファミキャンにドハマりしても後悔せずに済む。

実際にファミキャンで使っていて、「失敗したなー」と思ったことが一度もない・・・!

 

ファミキャンに向けてシュラフ選びに迷っている人はぜひ参考にしてください♪