ファミリー向け!おしゃれなおすすめワンポールテント10選+α!

設営完了! キャンプ用品

どうも!おーたん(@e_t_outdoors)です♪

 

我が家でも愛用しているDODのビッグワンポールテント「T8-200T」、この情報を求めて当ブログにアクセスしてくれる人が結構いるみたい。

でもテントって安い買い物じゃないし、競合する他社のワンポールテントも気になるよね。

せっかくなので、今回はT8-200T購入時に検討したライバルモデルをもう一度比較してみるぞ!

おすすめのワンポールテントの中からお気に入りの一幕を探してみよう♪

 

関連記事

 

スポンサーリンク

ワンポールテントでおしゃれに目立とう!

ビッグワンポールテント内部

ワンポールテントとは、写真のように一本のポールを支柱として形作られるテントのこと。

モノポールテントティピー型テントと呼ばれることも。

ティピーとは、アメリカンインディアンのうち、平原を移動しながら狩りを行う文化を持つ部族が用いる野営用住居のこと。

厳密には本来のティピーの中央にポールはないけど、キャンプ用に市販されているティピー型テントと呼ばれるものはほぼワンポールタイプ。

 

ワンポールテントの最大の特徴は、その三角錐以上の角錐形状からなる見た目。

小さめのものでも中央付近は高さに余裕があることが多く、逆に端に近付くにつれて窮屈になっていく。

しかし、寝る際は(コットなどを使用する場合は別として)高さがあまり必要ないため、見た目以上に収容可能人数が多いのが一般的。

 

ちなみに先の「ドッペルギャンガーアウトドア T8-200シリーズ」は公式で放射状に8人の就寝が可能とされているけど、面積的には実際はもっと余裕があるように感じられる。

まぁ8人もいれば寝られるかどうかよりも暑苦しくて仕方ないだろうが(笑

 

設営方法は下の記事にもまとめてあるけど、簡単に説明するとテントの中に入ってポールを立て、外側をロープで張ってペグダウンするだけ。

DOD ビッグワンポールテント T8-200Tのレビューと設営方法♪
どうも!おーたん(@e_t_outdoors)です♪ 今回は我が家で愛用しているテント、「DOD ビッグワンポールテント T8-200T」について改めてご紹介。 おしゃれな外観で未だに人気の高いワンポールテントだけど、初...

 

仕組み自体は単純だけど、ペグ打ちが多いのがデメリット。

硬いフィールドに一人で設営する場合はかなりの疲労を覚悟しておいた方がいいかも。

 

それでも設営できた時の達成感とその迫力・存在感はなかなかのもの!

「このテントかわいい~」なんて声が聞こえてきたこともあるし、実際に声をかけられることもあって評判も良好♪

 

一転して撤収はものすごく簡単

ペグを抜いてポールを倒せばあとは折りたたむだけ。

慣れれば一人でも無理なく設営・撤収作業ができるぞ♪

 

初心者は設営に時間がかかる可能性はあるけど、特別難しい作業があるワケではないので、興味がある人は是非思い切ってトライしてみてほしい。

 

スポンサーリンク

ワンポールテントおすすめ10選+α

それでは各メーカーから販売されているワンポールテントを比較してみよう!

ファミリーキャンプに使えるサイズを前提に、ある程度の耐水性(PU1500以上)とベンチレーションの有無、コスパなどを考慮して10モデルとその派生をピックアップしてみたよ♪

ランキングってほどじゃないけど、個人的おすすめメーカー順にご紹介。

メーカー製品名収容人数(名)サイズ(mm)耐水性(フライシート/フロア)画像
ドッペルギャンガーアウトドアビッグワンポールテント T8-200T84600×4600×H30002000mm/3000mm
テンマクデザインサーカスTC2~44200×4200×H2800表面撥水加工/1500mm(インナー)
ドッペルギャンガーアウトドアワンポールテント T5-4753200×2900×H18502000mm/3000mm
ノースイーグルワンポールテントBIG420 NE16864500×4500×H30001500mm/3000mm
ノースイーグルワンポールテント 300 NE156 43300×3300×H27001500mm/3000mm
ノースイーグルツーシーンワンポールテント500 NE200 45400×5400×H33001500mm/3000mm
ノースイーグルビッグフロントワンポール420 NE18764500×5700×H30001500mm/3000mm
ロゴスTepee ナバホ400セット4~64000×3450×H23501600mm/3000mm
テンマクデザインCIRCUS 300ST3~43100×3100×H25501500mm/1500mm
小川キャンパルピルツ15II84400×4400×H31001800mm/1500mm

 

ついでにそれぞれに合ったグランドシートのリンクを用意しておくけど、もし購入を検討する場合はサイズに問題がないか念のためしっかりと再確認をお願いします。

ちなみにグランドシートが大きい場合、そのままだと雨に降られたときにグランドシートとテントの間に水が溜まることになってしまうので、折り曲げるなどしてグランドシートがテントからはみ出さないように設営しよう

 

1.DOD ビッグワンポールテント T8-200T


まずは我が家でも愛用しているナチュラル色のワンポールテント。

コストパフォーマンスに優れるけど、とにかく入手困難なのがネック(追記:2018年現在、この点は改善されているようです)

 

他にもパープルとピンク(2017年の新色)ブラック(2018年の新色)の計4色が展開されているぞ。

どのカラーもキャンプ場では良い意味で目立つこと間違いなし!

大人気の「サーカスTC」(次に紹介)と比べると、こちらの方が床面積も高さもやや大きく、インナーもこちらの方が大きめに作られているので、インナーの有無が同条件であれば、こちらの方が広々と感じられるはずだ。

よりファミリーキャンプ向けなワンポールテントと言えるね♪

汎用性の高いアルミY字ペグが必要本数同梱されているのも嬉しい(この同梱のアルミペグはなかなかの強度で品質が良い)。

純正グランドシートは「GS1-413」という品名だけど、おーたんが普段使っているのはノースイーグルのグランドシート(NE1211【Amazon】)♪

 

2018年6月追記:残念ながら純正の「GS1-413」もノースイーグルの「NE1211」もしばらく品切れ状態だったんだけど、DODから新しいグランドシートが発売されたぞ!

ポリエステル製の記事でブルーシートのようにカサカサしないらしい!

これから買うならこれがおすすめ!

 

T8-200Tについては、先ほども紹介したこちらの記事にもまとめています↓

DOD ビッグワンポールテント T8-200Tのレビューと設営方法♪
どうも!おーたん(@e_t_outdoors)です♪ 今回は我が家で愛用しているテント、「DOD ビッグワンポールテント T8-200T」について改めてご紹介。 おしゃれな外観で未だに人気の高いワンポールテントだけど、初...

 

ちなみにハーフサイズのインナーテントを採用し、テント内の半分を土間スペースとした2ルーム構造のT4-201【Amazon】というテントもラインナップされている。

フライシートのサイズは「T8-200T」と同じ。

T8-200Tシリーズは2つの出入り口が正面と裏側に位置するのに対し、T4-201は出入り口が2つ横並びになっていて、別売りのポールを用意することで2枚同時に立ち上げることもできる。

寝室がハーフサイズとは言え寝るには十分なスペースがあり、むしろT8-200シリーズよりも開放感がある分広く感じられるかもしれない。

同じ形状でナチュラルカラーやサンドカラーなどのもう少しおとなしい色が出たら絶対売れると思うんだけどなぁ。

グランドシートは先に紹介した「GS8-563-GY(Amazon)」を半分に折って使用するなどの工夫が必要。

 

2.テンマクデザイン サーカスTC

いわずもがな、2017年後半から爆発的にその数を増やした人気のワンポールテントがこの「サーカスTC」だ。

少し前まではワンポールテント自体珍しかったのに、今では「右を見ても左を見てもサーカスTC」なんてこともあるくらい。

もはやワンポールテントにおいては定番中の定番と言えるかもしれないね。

コットン混紡生地(TC) という素材を使用しており、火の粉に強く、結露も生じにくいため、特に冬キャンプに向いている。

コットン系のテントにしてはリーズナブルなのが特徴で、その品質とコスパの高さは高く評価されているぞ!

品薄が続いているのにこれほど多く見かけるってことは、生産が少ないというよりそれだけ需要が多いってこと(各所のレビューも軒並み高評価)。

個人的には落ち着いた色合いもかなりポイント高い。

 

逆に気を付けたいのは、インナーテントが付属していない点。

インナーテントは別売りで用意されていて、フルインナータイプ【Amazon】ハーフインナータイプ【Amazon】があるぞ。

別売りのインナーにそれぞれ専用のグランドシートが付属するのはお得感があるね。

インナーテントを使用しない場合は寝床としてコットなどを用意しよう。

ちなみにハーフサイズのインナーは2018年3月に発売したばかり!

かぶりやすいサーカスTCで人と差をつけるチャンスかも♪

 

サーカスTCについてはこちらの記事にもまとめています↓

テンマクデザイン「サーカスTC」のインナーありなし3つの使い方!
画像引用元:CIRCUS TC│Tent-Mark DESIGNS 2018年現在、ワンポールテントと言えばテンマクデザインの「サーカスTC」を思い浮かべる人が多いんじゃないかな。 コットン素材に広い開口部、その上良...

 

3.ドッペルギャンガーアウトドア ワンポールテント T5-47-BG

こちらはドッペルギャンガーアウトドアの5人用ワンポールテント。

高さが1850mmとやや控えめで、床面積からみても大人5人が中に入るとさすがに窮屈そう・・・。

だけど、驚くほど低価格なので子連れのファミリーキャンプ入門用としては十分にアリ。

ソロでキャンプに行くことがある人にもおすすめできるね♪

カラーは従来の「パープル」「ライトグレー」に加え、2018年に「ベージュ」と「ブラック」が追加ラインナップされているぞ。

グランドシートは2018年6月にリニューアルしたDOD純正のGS5-562-GYがおすすめ。

 

4.ノースイーグル ワンポールテント BIG420 NE168


ノースイーグルは多様なワンポールテントをラインナップしていて、コストパフォーマンスの高さが評価されているメーカーだ。

「NE168」は「T8-200T」と同等のサイズで、こちらはキャンプ場でもそこそこ見かけることができる。

よりアウトドア感の強いカラーでかっこいいよね。

ペグやロープ、ハンマーなど、設営に必要なものは一通り同梱されているけど、同梱のペグはプラスチック製で強度が心許ないので、できれば頑丈なペグを別途用意しておきたい。

グランドシートは先に紹介した「GS8-563-GY(Amazon)」がぴったり。

 

5.ノースイーグル ワンポールテント 300 NE156


同メーカーの「NE168」のサイズ違いと考えてOK。

床が小さくなった分、「NE168」よりもややとんがった印象となる。

子供の小さなファミリーならこのサイズでも十分!

床面積が小さくなった分、サイトが小さめのキャンプ場も利用しやすいのはメリットだ。

対応するグランドシートはNE1210【Amazon】だ。

 

6.ノースイーグル ツーシーンワンポールテント500 NE200


同じくノースイーグルのワンポールテント。

こちらも4人用だけど、そのサイズは今回ピックアップしたワンポールテントの中では最大!

先に紹介した「2ルームワンポールテント T4-201」と同様、ハーフインナータイプの寝室を採用しており、テント内の半分を土間のように使うことができるぞ。

他のワンポールテント同様、別売りのポールを使うことで入り口部分(スクリーン)をタープのように設営することも可能だけど、もともとのサイズが大きいのでそのカバー範囲もかなり広い。

ただし、サイトが区画されたキャンプ場を使用する際はサイズ的に設営可能か事前に確認することを忘れずに!

同じサイズでフルインナータイプのワンポールテント「BIG500 NE188」もラインナップされているぞ♪

 

残念ながらこれらにちょうどいいサイズのグランドシートを探し出すことはできなかった。

すでに紹介した「GS8-563-GY(Amazon)」はやや内側に入りすぎてしまうかも・・・。

そもそも「NE200」の場合は半分は土間のように使いたいところなので、思い切ってグランドシートなしという選択もアリかもしれないね。

 

7.ノースイーグル ビッグフロントワンポール420 NE187


広々とした全室を備えており、ワンポールテントの弱点の一つでもある”雨天時の出入り”も容易な点がうれしいワンポールテント。

その特異な形状からキャンプ場でも目立つこと間違いなし!

雨の日に限らず、出入りがしやすいというのは他のワンポールテントにはない大きなおすすめポイントと言えるぞ!

グランドシートは他の420シリーズと同様、「GS8-563-GY(Amazon)」を使用しよう。

 

8.ロゴス Tepee ナバホ400セット


まず特徴的なのはその外観。

キャンプ場で目を引くこと間違いなしのデザインと色使い♪

専用グランドシートや装飾用のフラッグなどが同梱されており、これだけで本格的な設営が可能だ。

但しペグやハンマーが同梱されるとの記載が見当たらないので、持っていない人は別途用意しよう。

収容人数は特にうたわれていないけど、サイズ的に4~6人程度なら問題なく使えるんじゃないかな。

サイズ違いの「ロゴス Tepee ナバホ300セット【Amazon】」もラインナップされている。

こちらは3000×2500×H1800mmと、特に高さがやや控えめなので注意しよう。

 

9.テンマクデザイン CIRCUS 300ST

このサイズ帯では珍しいスクウェアタイプのワンポールテントで、地面から60cmほどの立ち上がりを持つことでワンポールテント特有の端部のデッドスペースが解消されて広々としているのが特徴的だ。

今はやりの“ベルテント”に近いスタイルと言えるね。

大型のメッシュパネルやベンチレーションによって通気性、快適性に配慮されているぞ。

人とは違ったワンポールテントが欲しいという人は是非検討してみよう♪

グランドシートは専用のものが同梱。

別売りのインナーシート(CIRCUS用インナーシート【Amazon】)もあり、その定員は大人2人+子ども2人とのこと(全面床ではない)。

 

10.小川キャンパル ピルツ15II


ブランド自体が高級志向の高品質ワンポールテント。

内部から側面のベンチレーターを開けることができ、頂上部はポールに装備されたワイヤーによって開閉が可能。

個人的には「冬キャンプで薪ストーブの煙突を出しているリッチなワンポールテントと言えばピルツ」みたいな印象がある(笑

インナーテントだけで「T8-200T」よりも高い(!)けど、長く使える高品質なワンポールテントを求める、こだわり派な人に是非おすすめしたいテントだ。

 

おまけ ワンポールテントとペグについて

ワンポールテントはどれもペグ打ちが多いので、スノーピークのソリッドステークのような”サクサク打ち込めるペグ”だと設営の手間が一気に軽減される。

必要な本数が多い分、コスト面での相性はあまり良くないんだけどね・・・。

おーたんは汎用性の高いのY字ペグを使うことが多いけど、昔から”硬い地面に下穴をあける用”として1本だけソリッドステークを用意していたぞ。

特に風の強い日は“ソリッドステーク30”などの長さのあるペグが大活躍するので1セット用意しておくことをおすすめするよ。

 

スポンサーリンク

あとがき

年々そのラインナップが拡大されているファミリーサイズのワンポールテント。

比較的サイズの割にリーズナブルな価格帯のテントが多いので、実は初心者でも手を出しやすいんじゃないかな。

「コストをかけずに大きなテントが欲しい」という人にもおすすめしたい

 

ちなみにワンポールテントのレビューで「安いから品質には期待できない」といった口コミを見かけることがあるけど、そもそもワンポールテントは他のタイプより構造的に安価になりやすいはずだ。

もちろん「ピルツ15II」のように、”より高額で品質が良いモノ”もあるけど、「リーズナブルだから低品質」とは限らないぞ!

 

やっぱり一押しは愛用している「T8-200T」だけど、どれもそれぞれ良さを持っている。

是非気に入ったワンポールテントでおしゃれなキャンプを楽しもう♪

コメント