冬キャンプに向けて!焚き火に必要なもの&おすすめの焚き火台5選!

ユニフレーム ファイアグリル 683040 キャンプ用品

どうも!おーたん(@e_t_outdoors)です♪

 

気付けばもう12月!

前回(野田山健康緑地公園キャンプ場)前々回(ふもとっぱら)と11月にしては比較的気候に恵まれた感があったけど、さすがにもうどこに行っても冬キャンプって言えそう。

さて、冬キャンプで素敵な焚き火を楽しむべく、先日ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」を購入しちゃいました!

購入に向けていろいろ検討したので、今回は個人的おすすめ焚き火台ランキングを発表しちゃいます(笑

その前に焚き火に必要なものや注意点もまとめてみたよ!

 

スポンサーリンク

焚き火に必要なもの

子供の頃に落ち葉を集めて「落ち葉焚き」をしたことがある人もいると思うけど、キャンプ場で焚き火をするにはもう少し準備が必要。

最近は野焼きが禁止されている自治体も多く、焚き火経験のない人も多いかもしれないね。

間違った知識や道具でけがをしたり火事を起こさないよう、必要なものをしっかりと準備して焚き火に臨もう!

 

1.焚き火台やBBQコンロ

各キャンプ場のホームページ等で注意書きを見るとわかるけど、多くのキャンプ場では直火が禁止されている。

「直火禁止」とは、要するに「地面で直接火を焚いてはいけない」ということ。

ではどうすれば良いかと言うと、地面と火が接しないように「脚のついた焚き火台やBBQコンロを使えばOK」なところがほとんど。

しかし中には燃えカスや炭が下に落ちやすい構造のものがあるので、その場合は必ずアルミホイルやステンレスプレートなどを敷いて地面を保護してあげよう。

「焚き火禁止」となっているキャンプ場も実際はこれら「脚のある台」を用いればOKというところが多いので、気になったら事前にキャンプ場に問い合わせてみよう。

 

「BBQコンロならある」という人はもちろんそれを使っても良いんだけど、BBQコンロを焚き火に使うとその間BBQコンロを使った料理ができないんだよね・・・。

逆に焚き火台には上に網を乗せて料理ができるものも多いし、何より思い切って買い足せば焚き火も思う存分楽しめるというもの!

記事後半の焚き火台 個人的おすすめランキングも是非参考にしてみてね♪

 

2.炭ばさみ(炭用トング)

火のついた薪や炭を安全に動かすためにも炭用トングは必ず用意しておきたい。

特に火を持続させるため、また積み上げた薪を崩壊させないためにも、焚き火はBBQよりも薪や炭の位置調整をしたくなる場面が多い。

なくても困らないけど、専用のスコップなどもあると何かと便利

 

3.着火装置と火のつけ方

着火装置なんて言うと大げさだけど、要するに火をつけられるものなら何でもOK。

代表的なのは次の3種類。

  • マッチ
  • ライター、着火マン
  • ガスバーナー、ガストーチ

マッチは多少の慣れが必要なのと湿気るリスクがある点に注意。

マッチやライターを使う場合は、まずは丸めた紙などの燃えやすいものに火をつけ、それを種火にどんどん大きくしていこう。

ガスバーナー等を使う場合はもう何でもあり。

直に薪をあぶろうが何しようがすぐに火がつくので、あとは火が途切れないようにうまく薪を配置しよう。

火のつけ方、手順のセオリーは次の通り。

  1. 丸めた紙、落ち葉、樹皮、松ぼっくりなどの燃えやすいものに火をつける。
  2. 小枝や細く割った薪をくべる。
  3. 徐々に太い枝や薪をくべ、火を大きくしていく。
  4. 太い薪をくべる。

特に夏場も拾える松ぼっくりは天然の着火剤としてとても優秀

太い薪は長持ちするけど火がつきにくいので、細く燃えやすいものから先にくべて徐々に太い薪をくべるようにしよう。

 

4.酸素供給装置

またまた大げさな言い方だけど、要するに空気を送り込めるものなら何でもOK。

例えば・・・

  • うちわ
  • 火吹き棒
  • ふいご
  • USB扇風機

などなど。

最悪なくてもなんとかなるんだけど、あればやっぱり便利。

特に乾燥が十分でない薪を燃やすともくもくと出てくる目に染みるいや~な煙、実は空気を送って火力を増せば軽減させることができるのだ!

before↓

焚き火

after↓

USB扇風機で火力UP

 

過去に火吹き棒を自作したこともあるんだけど、最近USB扇風機が便利すぎて徐々に使わなくなりつつあるんだよね・・・笑

USB扇風機を使うと火力が強くなりすぎて焚き火台へのダメージが心配なほど。

 

自作火吹き棒やUSB扇風機が気になる人はこちらの記事も参考にしてみてね↓

【廃品リサイクルで火吹き棒を自作!うちわと比べてみた!】

【キャンプにもおすすめなモバイルバッテリーとその活用方法♪】

 

5.防護具

焚き火は文字通り火を使うので、火の粉や熱から身を守る装備もあった方が良い。

例えば皮手袋などの耐熱グローブがあれば燃える炭すらひょいと動かすことが可能!

それから焚き火はどうしても煙が出るので、鼻炎が悪化しやすいおーたんはいつもマスクをつけながら薪をくべています(笑

それ以外にも焚き火の際は「焚き火に適した格好」を意識したいところ。

というわけで↓

焚き火の際の服装 注意点

「火の粉が飛んできて大事な服に穴が開いてしまった!」なんて話は良く聞くよね。

おーたんもお気に入りのズボンに小さな穴が開いてがっかりした経験が・・・。

特にナイロン等の化学繊維素材を用いた服はソッコー穴が開くので要注意。

逆にコットンやウールなどの天然繊維素材を用いた服は燃えにくいらしい。

そんなわけで、焚き火をする際は是非焚き火に適した格好をするように心がけよう。

Amazonでも調べたらいろいろ出てきたぞ→焚き火ウェア【Amazon】

 

「防炎ブランケット」なる製品もあって、冬の焚き火には一石二鳥かもしれないね♪

寒い日はついウインドブレーカーなどを着たまま焚き火に近付いてしまいがちだけど、高額なアウトドアウェアを守るためにも上から何か羽織るなどの対策を忘れないように。

 

スポンサーリンク

焚き火台 個人的おすすめランキング

これから焚き火を始めると言う人のために、今回は購入の際に検討した焚き火台、過去に使用したことのある焚き火台、知人の使用していた焚き火台などからおすすめの焚き火台をランキング形式にして紹介しちゃいます♪

 

1.ユニフレーム ファイアグリル 683040


おーたんも持ってるド定番の焚き火台。

43cm角の平らな炉面が特徴的で、薪を自由に配置することが可能。

見た目以上に安定感があって使用していて不安に感じることは一切なし。

まだ1回しか使用していないけど、火力を上げすぎたせいか丸い穴の開いた中敷のプレートは熱の影響ですでにぐにゃぐにゃに曲がってしまった・・・。

困ることないから良いけど(笑

収納時は380×380×70mmのコンパクトサイズで重さは2.7kg。

Amazonのレビューを見ればわかるけど、その信頼性の高さは折り紙つき。

1位の決め手は「ライバルと比べてコスパがすこぶる良い」というところ(笑

ラージサイズもあるけど我が家は今のところノーマルサイズで満足してます♪

2.コールマン ファイアーディスク 2000031235


スマートなおしゃれさを持つ焚き火台で、何と言ってもその安さたるや。

直径45cmは個人的には必要十分な大きさだし、他にはない“まんまる”のその形状はどこから囲んでも良さそうだよね。

ただし深さがやや不安なのと、たたむにも限界のあるその形状がある意味弱点かも?

お手軽価格だけど安心のコールマン製なので、入門用として特におすすめできると思うな♪

 

3.コールマン ステンレスファイヤープレイス3 2000023233

お次もコールマンだけど、先ほどとは一転してかなりワイルドなデザインが特徴的な焚き火台。

まさに「キャンプ!」って感じの焚き火が楽しめそうだよね(笑

取っ手を内側に倒すとゴトクになるのが便利!

このゴトクを利用すればトライポッドなしでダッチオーブンも楽しめるし料理の幅が広がりそう♪

空気の通り道が多いのも焚き火台にとっては大きなメリット。

ただしやっぱりお値段はそれなりにします。

折りたためんで収納できるものの、大きい分他の焚き火台と比べると少しかさばるみたい。

 

4.スノーピーク 焚火台 M


こちらも定番中の定番

シンプルな見た目でたたむのも簡単そうだし、何よりスノピってだけで所有欲を満たしてくれそう(な気がする)。

構造的に燃えカスや灰が地面に落ちる可能性があるので、専用のベースプレートなどを合わせて使いたい。

スノーピークってこういう拡張パーツが豊富なイメージあるけど、欲しいもの全部そろえようとしたら大変だよなぁ(笑

サイズがS/M/Lと3種類あるので検討の際は注意されたし。

 

5.ロゴス ピラミッドグリル EVO-L


おーたんの弟が愛用していた多機能グリル。

これ1台で「焚き火」、「バーベキュー」、「ダッチオーブン料理」の3つの楽しみ方ができるというのが売り文句。

とにかくコンパクトに折りたたんで収納できるので持ち運びも便利だし、その割に組み付けがしっかりしているのはさすが。

実際BBQコンロとして使ったことがあるけど申し分なし。

強いて言うなら、折りたたみ型の網の耐久性がちょっと心配。

サイズはM/L/XLがあるけど、焚き火台として使うことを考えると“L”以上をチョイスしたいところ。

別売りの囲炉裏テーブル↓がこれまた便利♪(肝心のグリルを使ってないけど 笑)

外でお昼ご飯

 

スポンサーリンク

あとがき

キャンプの魅力の一つとして語られることの多い焚き火だけど、冬の焚き火は危険もいっぱい!

特に落ち葉や枯草に火がつくと一気に延焼してしまうので、なるべく地面がむき出しのところを選んで楽しみたい。

脚付きの台を用意しても常に安全に配慮するようにしよう。

 

今回は個人的におすすめな焚き火台を5つだけ紹介してみたけど、実はお試しで使えそうなくらい安価な焚き火台も豊富に存在する。

ただ小さい焚き火台ではその楽しさを味わい切ることができない恐れがあるので注意!

 

他にも薪割り用のナタやローチェアなども用意できると楽しさ倍増♪

ちなみにナタは↓のように先端にコブ付きのものだとどこで使用しても刃を痛めにくくておすすめ。

先日薪割り体験もしてきたので追って記事にまとめます(笑

コメント