ワンポールテントT8-200Tを入手!初めてのキャンプ道具購入♪

T8-200T初設営 キャンプ用品

はかま滝オートキャンプ場の初キャンプにてどっぷりとキャンプの魅力にハマったおーたん一家。

第1回│家族で初めてのキャンプ!inはかま滝オートキャンプ場
2016年 夏、ついに我が家はキャンプデビューした! いろいろあって金欠に陥った我が家は、家族揃ってお金をかけずに遊べそう(?)ということでキャンプに手を出すことに。 実際、道具がある程度揃ったらあとは食材とサイト使用料のみ、そ...

しかし、引き続きキャンプを楽しむためには用意しなければいけないものがいくつかあったのだ!

 

スポンサーリンク

2回目のキャンプに向けて用意したもの

まず最低限必要なものとしてリストアップされたのは・・・

わずかに3つ(笑

とりあえず人が貸してくれるうちは借りるとして、欲しいものだけ用意しようってことです。

なんという他力本願!笑

 

まず一つ目は積載スペースを取らない小さなバーベキューコンロ!

次に心置きなくのんびり過ごすための、自分たちが気に入ったテント!

キャンプをおしゃれに演出する燃料式のランタン!

というわけで第2回のキャンプに向けて用意したアイテムについて、選んだ経緯と簡単なレビューをまとめてみたよ♪

 

コールマン コンロ パックアウェイグリルⅡ

初キャンプにて最も苦労した点は設営でも火おこしでもなく、「車への積載」だった。

なんせ子連れ軽自動車キャンパーだからね。

そこで自分たちで道具を集めるにあたり、極力省スペースで持ち運びできる道具を選ぶ必要があった。

そんな時見つけたのが、この「パックアウェイグリルⅡ」。

パックアウェイグリルⅡ

なんと言ってもケースがおしゃれで持ち運びが容易♪

一般的なバーベキューコンロとは比べ物にならない省スペースを実現!笑

確かにサイズは小さいけど、よく考えたら焼き肉屋の七輪もこのくらい。

飲み屋の七輪
子供二人を含めた家族4人であれば能力的にもぜーんぜん問題ないし、デザインも気に入ったので買うことにした。

写真は近所のホームセンターで撮らせてもらったのですが、汚れることを考えると黒色が良かったので、Amazonで購入しました><ちなみに初キャンプからわずか10日後のこと(笑

 

実際に使ってみるとかなり良い!

コンパクトだから火をつけた後のレイアウト変更も楽々♪

一人で簡単に持ち運んで移動できちゃう。

ただ地面からの距離が近く、安い炭だと灰が落ちやすいので、直火禁止のキャンプ場では念のため下にアルミホイルを敷いて使うようにしている。

パックアウェイグリルⅡでブロック肉を焼く
こんな感じ♪

ブロック肉だって余裕で焼けちゃう♪

そんなわけで非常に重宝してます。

購入時3,500円程度だったと思う。

積載の点で大きなアドバンテージを得られたことを考えると、我が家はこれを選んで大正解だったと言えそう。

コールマン(Coleman)
¥3,352 (2018/12/13 23:30:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

ドッペルギャンガー ビッグワンポールテント T8-200T

テントに関しては完全にママの趣味で、「これが良い」とおねだりされました。
おーたんも一目見て惚れちゃったけどね(笑

ところがこのテント、結構人気が高かったらしく、欲しいと思った時にはすでにどこも品切れ状態

そんな折、愛知県でドッペルギャンガーの展示即売会(?)が実施されるとの情報を入手したけど、ちょっと遠くて断念・・・

電話連絡したところ、再販の予定はあるがいつ出回るかは全く未定とのこと。

 

中古も検討しようかと思い、【メルカリ】を覗いてみると・・・
T8-200Tフリマ価格
た、高ぇ・・・

相場の倍以上です^^;

なんという強気な価格設定・・・

金が有り余っててもさすがにこれには手を出さないだろうなぁ。

まぁここまで高いのは今後なかなかないと思うので、「多少高くても探したい」という方は覗いてみてはいかが?

ちなみにこれが8月下旬の話。

再販を待つうちに過ごしやすい季節になるしちょうどいいんじゃない?

なんて言いながら気楽に時が流れるのを待つことに。

10月頭、ようやく流通が再開し、おーたんは22,800円で無事T8-200tを入手することができました。

なんかざまぁ・・・あなんでもない。

初キャンプからすでに約2か月が経過。

待ったぞこの時を!

ついに念願のマイテントをゲットだぜ!!

というわけで、テントが届いてから半月も経たないうちに、さっそく2回目のキャンプへ行ってきました↓

第2回│フリーサイトへ初潜入!in朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
初キャンプから早いもので約3か月。 コンロにランタン、順調にキャンプ用品を揃えていたおーたん一家は、ついに念願のテントを入手! 2回目のキャンプに向けてキャンプ場を探していた・・・。 初めてのフリーサイ...

ちょっと先走って画像を貼っちゃおう(笑
T8-200T初設営
ワンポールテントは初めての設営なので、シワが寄っているのはご愛敬(笑

底面は八角形で、各頂点をペグで固定していくんだけど、インナーテントの固定、フライシートの上下段固定で合計24本ものペグを打つ必要がある

ペグ打ちにあまりめんどくささを感じないおーたんは、むしろどや顔を見せながらせっせとハンマーを振るのであった。

というか初めて買ったテントがコレなので、こういうものだと思い込んだのが大きいのかもしれない(笑

詳しい設営方法については、次回キャンプへ行ったときにでも写真を撮り貯めて、専用ページにまとめたいと思います^^;

追記:まとめました↓

DOD ビッグワンポールテント T8-200Tのレビューと設営方法♪
どうも!おーたん(@e_t_outdoors)です♪ 今回は我が家で愛用しているテント、「DOD ビッグワンポールテント T8-200T」について改めてご紹介。 おしゃれな外観で未だに人気の高いワンポールテントだけど、初...

 

正直当時のおーたんにとっては結構痛い出費だったけど、買ったことは一度も後悔していない!

中は広いし何より存在感がハンパない!

かなり気に入ってます♪

DOD(ディーオーディー)
¥25,210 (2018/12/13 16:29:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

ノースイーグル テントグランドシート サークル420 NE1211

グランドシートを敷く

テントに併せてグランドシートも購入♪

テントの下に敷くことで、水捌けが悪い地面に設営してもテントが浸水しなくなるらしい。

何よりテントをきれいに保つことができる!

テントをたたむ際もこの上でたためば汚れないのだ。

今回入手したグランドシート(ノースイーグル テントグランドシート サークル420 NE1211)はビッグワンポールテントとはメーカーが違うけど、サイズもぴったりで問題なく使用できたし、思っていたより満足度の高いアイテムだった♪

 

2018年6月追記:残念ながら純正の「GS1-413」もノースイーグルの「NE1211」もしばらく品切れ状態だったんだけど、DODから新しいグランドシートが発売されたぞ!

ポリエステル製の記事でブルーシートのようにカサカサしないらしい!

これから買うならこちらがおすすめ!

DOD(ディーオーディー)
¥6,380 (2018/12/13 18:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

デイツ ハリケーンランタン No.78

手作りランタンスタンド

キャンプの魅力の一つと言えば火!

炭火もそうだけど、真っ暗な大自然の中に良い灯りがあると落ち着くんだよね~。

 

このデイツのランタン、3,000円台で買えるのに見た目は超本格派!

扱い方に少しコツがいるけど、それもまた燃料式ランタンの醍醐味の一つ。

このコツのおかげで、キャンプの特別感が増すのだ!

我が家のように見た目から入りたい人にはぴったりな一品♪

 

おまけ│リンゴ箱をゲット!

リンゴの通い箱にやすりがけ
ママがとあるルート(?)から仕入れてきたリンゴの通い箱

3つももらってきてこれをテーブルにすると言い出した!

 

積載スペースががががが

 

3個はどうしても無理そうだったので、何とか程度の良い2個に厳選してもらいました(笑

 

素のままだと毛羽立って危ないのでやすり掛け。

やりたがりな娘たちも手伝ってくれたよ(笑

実際はほとんどママが一人でごしごししてたけどね。

なんと頼もしい。

 

箱なので、ひっくり返すと中は空洞。

ここに荷物を詰めることで、極力スペースを有効活用しながら車に積むことに。

リンゴ箱の積載
やってみると思ってたより余裕がある感じ♪

・・・まぁ人によってはなんじゃこりゃって感じるんだろうけど(笑

 

スポンサーリンク

あとがき

そんなこんなで2回目のキャンプへ行くための最低限の準備が整った!

わくわく。

 

さてさて、さっきもちらっと出たけど、次回は「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」へ行った時のお話↓

第2回│フリーサイトへ初潜入!in朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
初キャンプから早いもので約3か月。 コンロにランタン、順調にキャンプ用品を揃えていたおーたん一家は、ついに念願のテントを入手! 2回目のキャンプに向けてキャンプ場を探していた・・・。 初めてのフリーサイ...

 

今回はここまで。

コメント

  1. まと より:

    はじめまして!
    我が家も先週末にキャンプ好きな友人につれていってもらい、
    キャンプの魅力にハマりました。
    バンガローに泊まりましたが、次回はテントがいいなぁと考えていた中、
    たまたま目をつけていたDODのテントについて詳しく書かれているこちらのブログにたどり着きました!

    りんご箱のアイデアとか、すぐに真似したいものばかりです!

    https://enjoy-the-outdoors.com/how-to-set-up-the-t8-200t/
    別記事で申し訳無いのですが、こちらのグランドシートがないとテント単体では過ごせないのでしょうか?

    色々と買い集めようと思うととにかくお金がかかるので、
    まずはテントとエアーマット(空気を入れるタイプのもの)を
    敷けばいいかな~と思っていたのですが、どこからどこまで買い足そうか悩み中です。

    • おーたん より:

      はじめまして!
      コメントありがとうございます♪

      バンガロー泊良いですね!
      そしてこのテントにご興味がおありとはお目が高い・・・(DODの人間じゃありません 笑)
      りんご箱も中にビッグワンポールテントがジャストフィットで、実際は見た目以上に積載の邪魔にならないのでおすすめです♪

      さて、先述の通りDODの人間ではないので、あくまで“一利用者“としての意見ですが、グランドシートについては実は快適に過ごせるかどうかと同じくらい注目したいポイントがあると考えています。
      まず、そのまま設営するとテントが汚れますし、砂利や枝でフロアが破けてしまうリスクが高まるということ。
      また、一晩過ごすと地面に接していた面は湿気で濡れてしまうのですが、これがやっかいなんです。
      グランドシートが濡れる分にはひっくり返して干すだけでOKですが、ワンポールテントは小型のドーム型テントのように“その形のままひっくり返して干す“といったこともできませんし、一度床裏が濡れてしまうとスマートに撤収するのが難しくなってしまうんですよね(この辺りはリンク先の記事にも追記させていただきました)。
      そんなわけで、グランドシートは決して安い買い物ではありませんが、費用対効果は大きいと思いますよ♪
      ただ、エアマット等を使うのであれば、グランドシートがなくても“快適に過ごすこと”自体は可能だと思います。

      ちなみに我が家では「グランドシート→ビッグワンポールテント(インナーフロア)→銀マット→シュラフ」といった形ですが、これでも十分快適に感じています(エアマットには敵わないでしょうが・・・)。

      長くなってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです♪

      • まと より:

        コメント消えてしまいました。
        2度投稿になってたらスミマセン。
        丁寧に返信してくださりありがとうございました!

        グランドシートの別記事も読みまして、グランドシートは一緒に買おうかなと思います!
        やはり大事に使いたいですし、設営のときなんかも役立ちそうですもんね。

        ただ、尽くこちらで紹介されているものが品切れなのが残念…
        せっかくならサイズの合うものを買いたいので、もう少し待ってみようかなと思います。

        • おーたん より:

          レスが遅くなりすみませんでした。
          スパム対策で簡易的にコメント承認制にしていたもので、お手数をおかけしてしまい申し訳ないです。

          別記事(こちらかな?【グランドシートの役割と注意点。DODの新作グランドシートが優秀!】)も参考にしていただけたようで良かったです♪

          確かに、今DODのグランドシートGS8-563-GYは品切れなんですよね。
          一応ノースイーグルのNE1210ならまだギリギリ入手できそうですが・・・。
          DODは人気商品となるとすぐに品切れになってしまうところがある意味弱点かもしれません。
          まぁNE1210も最近までずっと品切れだったんですけどね。
          しかしいざ手に入らないとなると、我が家も買っておけばよかったかなぁ・・・う~ん(笑

          初の“テントキャンプ”の計画等もあるでしょうから、供給再開時期についてDODにお問い合わせなされるのも良いかもしれません。
          我が家がT8-200Tを狙った際は1ヶ月以上待つことになりましたので・・・。

  2. まと より:

    レスありがとうございます!

    グランドシートは諸々汚れや雨対策のために必要なんですね。
    このコメントのあと、別記事のグランドシートの記事も見つけまして、
    そちらもとっても参考になりました。

    銀マットはアウトドア好きな友人もオススメしていましたが、
    主人が寝床にうるさいのと笑、来客時にも使えるかも、ということで検討中です。

    せっかく買ったテントは長くきれいに使いたいので、グランドシートは購入しようと思います!

    リンク先のグランドシートは尽く品切れなのが困りどころです。